旅行と食事を楽しむ年頃になりました
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セブ ホワイト サンズ リゾート アンド スパ, デラックス 1
Cebu White Sands at Maribago Beach


この旅 8軒目、いよいよ最後のホテルです。

もう覚えましたので、
タクシーはセブシティのクエスト ホテル セブより、
メータとプラス50ペソです。

それでも途中でマクドナルドのドライブスルーに寄って、
私のランチとともにドライバーのランチも買ってあげたので、
とても感謝されました。

1時半頃に着いてしまいましたので、
ウェルカムドリンクを飲んで、iPad miniを見たりしていました。

DSCN3857.jpg

2時半に部屋に案内されます。

DSCN3860.jpg

こちらがリビング。
大型テレビもあります。

DSCN3859.jpg

このホテルもダブルベッド。

DSCN3858.jpg

湯船はわかりますが、ジャグジー付ですか。
その割には、シャワーの水量がさみしいです。

DSCN3861.jpg

話は大きく変わりますが、
ここのオーナーは錦鯉がお好きなようで、
色のはっきりとでた良いものが多く泳いでいます。

しかも各所に池があります。

DSCN3884.jpg

IMG_1038.jpg

DSCN3898.jpg

エアーレーションや ろ過装置もしっかりしていて、
なかなかお金をかけているなぁって感じです。




アヤラセンターセブの夕食 2
Ayala Center Cebu


IMG_1021.jpg


ネットで調べていった2階の人気レストランは、
6時半に言った時点で行列が出来ていました。

しかたなく3階端にあるフィリピン料理のレストランにしましたが、
テラスでなく店内を希望したら30分待ち。

IMG_1020.jpg

360度一周するこのエリアは、
1階から3階まですべてレストランです。


どこも混んでいます。
やはりこの辺りのフィリピン人は金持ちが多い。

日本人でもまずまずの価格帯なのに、
平気で食事を楽しんでいます。

IMG_1023.jpg

IMG_1025.jpg

IMG_1027.jpg

今回、最後のまともな夕食なので、
ちょっと財布にも気合を入れていますが、
飲み物はコーラにしていますね。



マゼランクロス と サン・オーガスチン教会
Magellan's Cross
San Agustin Church (Santo Nino Curch)


セブ観光の続きです。

今回は、フィリピン人が初めてキリスト教の洗礼をうけた、
彼らにとっては全土の教会の本山みたいな所ですね。



DSCN3835.jpg

まずはマゼランクロスを覗き込みます。

DSCN3834_2015061020284421b.jpg

中にある十字架が見えますね。
名前の通りマゼランが持ってきたものでしょうか。
木造の十字架だそうです。

見学が終わったら、ハイ 横の建物に入ってください・・・みたいな

こちらがサン・オーガスチン教会(サント・ニーニョ教会)です。
フィリピンのイエス・キリストは、子供のときのイエス様なんですね。

DSCN3836.jpg


DSCN3841.jpg

あまりに、おそれ多くて写真もブレてしまいます。

DSCN3843.jpg

DSCN3842.jpg

十字架に掛けられている姿は、
どうしても子供に見えないのですが・・・
その答えは得られずに、
天井が美しいから撮りなさいだって。

DSCN3844.jpg



DSCN3839.jpg

ロウソクを1ペソだか2ペソ払ってもらい、
みなさん祈りを捧げています。

たくさんのロウソクが並んでいます。

DSCN3840_20150610202115c99.jpg

このあと、セブで最も治安の悪いと言う、
ダウンタウンへタクシーで行きましたが、
カメラは構えませんでした。

洋服とかが安いんだそうですよ。




サンペドロ要塞
Fort San Pedro

DSCN3827.jpg


セブシティから海のほうに向かうと、
向かえば向かうほど治安が悪くなる・・・
そんなふうに聞いていましたが観光なので行ってみましょう。

クエスト ホテルからタクシーに乗り込んで、
サンペドロ要塞 ~ マゼランクロス ~ サン・オーガスチン教会 ~ ダウンタウン
のコースで値段交渉をしたら、
「日本人だから1,000ペソ(3,000円)」と言われました。

でました! 日本人価格です。
いくらが妥当なのか分かりませんが、
分からないときには、相手の言った半額と聞いていましたので、
「500ペソ(1,500円)しか払わない!」と言ったら、
「ああ、それでオーケーね」とあっけなく決まりました。

いったい幾らが適正価格なのでしょうね。
しかし、一観光客ですから流されましょう。

現地の日本人による日本人のためのツアーは、
半日で5,000円~6,000円程度のようですから、
日本語ガイドなしだけど、これで良しとしましょう。

DSCN3828.jpg

入場料に30ペソ(90円)払います。
以前にマニラのアラヤ・ミュージアム(Ayala Museum)へ行った時には、
貧乏なフィリピン人は安く入れて、
生活水準のすぐれている外国人は高かったので、
今回もそうなのかと思っていましたら・・・
外国人に劣って当然という意識を変えてきたのでしょうか。

DSCN3829.jpg

船の模型がたくさんあります。

DSCN3832.jpg

こちらは歴代の大統領が紹介されています。

私は
マルコス ~ アキノ ~ ラモス ~ エストラダ ~ アロヨ ~ アキノ の息子
それ以前は知りません。

DSCN3830.jpg

帰国後に奥さんから聞いた話では、
私と入れ違いにベニグノ・アキノ3世大統領が来日していたそうで。。。


ホセ・リサールはいないのかと聞けば、
彼は大統領じゃないからいない・・・ と冷たいお言葉。

DSCN3831.jpg

大砲が町に向かって置かれていますが、
以前はここら辺まで海だったんだそうで、
海賊などの侵入を阻んでいたそうです。

DSCN3833.jpg

ここは地震で壊れちゃったんだよ~
と言いますから、
最近大きな地震があったようで・・・ 知りませんでした。


次回はマゼランクロス と サン・オーガスチン教会のお話です。


アヤラセンターセブの夕食 1
Ayala Center Cebu

リゾート地マクタンより、
都市部セブシティに来ているのですから、
まともな夕食をしようかとアヤラセンターに来ました。

DSCN3545.jpg


泊まっているクエスト ホテル セブが、
アヤラセンターの目の前にあるので便利です。

道一本渡ってしまえば、
アヤラセンターのバス・ジプニー乗り場ですから。

DSCN3818.jpg

タイ料理のレストランでしょうか。
Banana Leaf というお店です。

DSCN3819.jpg

DSCN3820.jpg

DSCN3821.jpg

DSCN3822.jpg

その名の通り、取り皿はバナナの葉っぱですね。

フィリピンやタイの人は、ご飯と料理を指でこねて、
それをつまんで口に運ぶから、
バナナの葉っぱで事足りるのでしょう。






プロフィール

もみじ企画

Author:もみじ企画
昭和30年生まれ。無事に定年を迎えました。
これからは第二の人生を・・・ 80歳まで生きたとしてもアト20年!
第4クォーターに入り、大切な時間を有意義に過ごしたいと思います。
ブログ歴は2005年3月より



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。