旅行と食事を楽しむ年頃になりました
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セブ 道教寺院
Taoist Temple


セブシティにいますので軽く 『道教寺院』を観光しましょう。

宿泊したウォーターフロント セブ シティ ホテル & カジノのタクシー待機場所で、
暇そうにしているドライバーと交渉して、
往復 プラス 私が見学している時間、現地の駐車場で待っているとの条件で、
300ペソ(約900円)で話がつきました。

じつは、目的地の『道教寺院』よりも、
その途中にある ビバリーヒルズ という高級住宅地が見たかったンです。

もう10年以上も前から有名でしたものね。
フィリピンでの成功者のお宅を、
外観からだけでも見たいと思っていました。

華僑の人たちの屋敷に加え、
商売に成功したフィリピン人の家もあるそうです。

敷地が広いのは察しがつきますが、
塀に閉ざされていたり、その隙間からチラッと見てるだけです。

びっしりと綺麗な豪邸が並んでいるのかと思っていましたが、
私の想像に対し、さほどのこともなく、
家と家との間には、みるからに貧乏そうなあばら家が建っていて、
フィリピン版 ビバリーヒルズ の程度がわかりました。

で・・・ 『道教寺院』の観光です。
入場料が無料なところはよいですね。

道教寺院1

セブに住む華僑の人たちがお金を出し合って建てたンです。

道教寺院2

中華という雰囲気を味わいつつ進みます。

道教寺院3

階段で上に登るよう造ってあります。
登ることにより有り難味を増させる手法は、
仏教にとっては万国共通なのでしょうか。

道教寺院4

タクシーでいま上がって来た道沿いが、
例のフィリピン人憧れの ビバリーヒルズ です。

道教寺院5

本殿の中は写真撮影禁止。

外の池には魚釣りをする おっちゃんがいます。

道教寺院6

入り口に戻らずさらに階段を下っていくと、
タクシーの待機場所がありました。

バスや乗用車も同じ場所に停めるようです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

もみじ企画

Author:もみじ企画
昭和30年生まれ。無事に定年を迎えました。
これからは第二の人生を・・・ 80歳まで生きたとしてもアト20年!
第4クォーターに入り、大切な時間を有意義に過ごしたいと思います。
ブログ歴は2005年3月より



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。