旅行と食事を楽しむ年頃になりました
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セブ ご家庭訪問
フィリピンの富裕層には恐れ多くて接触できません。
まず一般旅行者が口を利くことすら許されないでしょう。

一流のマーケットにも運転手つきの高級車で乗り付けますし、
屋上には彼ら用のヘリポートがあります。

買い物に自家用ヘリコプターでいらっしゃるんですね。

中流家庭もキビシイです。
彼らの住むビレッジの入り口にはガードマンがいて、
事前に約束をしたうえに、ゲートまでメイドさんなりが迎えに来ないと合えません。

で、日本人向きなのが大半数の貧困層。
その気になればすぐに訪問できますね。

今回の旅行は初めてのセブですが、
ここのご主人は自転車のパンク修理を生業にしています。

ちょうどお客さんが来て修理が始まったので、
写真を撮らせてもらおうかと思ったら、
どこからともなく子供たちが湧いて出てきました。

「仕事を写したいからどいてね」と言ったら、
お客とご主人もどいちゃいましたね。

002.jpg

きっとジャパン(私のこと)は、
この機械が気に入ったんだと思われたかも。

子供たちは別に撮影しましょう。

DSCN3653.jpg

押すな! 押すな! ちゃんと並びなさい

DSCN3654.jpg

彼ら彼女らは私によって魔法を掛けられていますから、
思いのままに撮らせていただきますよ。

大人はそうもいきません。
見知らぬ日本人。言葉もわからない外国人。
警戒をするのも無理はないですね。

こういう時には、彼の宝物にして自慢の一品の話が一番。

DSCN3639.jpg

ほーら、こんな笑顔になっちゃいます。

ご飯食べていく?
はい、いただきます!

汲み置きの水で洗った皿を出されようと、
ハエが飛び交っているご飯だろうと、
有難く頂かなくてはイケマセンね。

あちらさんは好意と、せめてもの誠意でもてなしているのです。

戦場カメラマンはそうして民衆に溶け込むのですから、
それと手法としてはまったく同じです。

DSCN3643.jpg

さて、トライシクルに乗って帰りますか。

003.jpg

写真 うしろの花に囲まれた家がわかりますか。
貧困層から抜け出しつつあるお宅です。

「また来てねぇ~」と、3~4歳の女の子が、
投げキッスで送ってくれるところがフィリピンぽいですね。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

もみじ企画

Author:もみじ企画
昭和30年生まれ。無事に定年を迎えました。
これからは第二の人生を・・・ 80歳まで生きたとしてもアト20年!
第4クォーターに入り、大切な時間を有意義に過ごしたいと思います。
ブログ歴は2005年3月より



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。