旅行と食事を楽しむ年頃になりました
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マクタンで初めてタクシーに乗りました
セブ国際空港まで戻ってタクシーに乗ります。

皆さんも知っておられることだと思いますが、
国際線ターミナルの黄色いタクシーは、
空港タクシーで外国人向け?の高いタクシー。
国内線ターミナルの白いタクシーは、
一般に走っている国内の人向けの安いタクシーです。

このタクシーは「居酒屋 だるま」のあるエースペンションまでですが、
ペンションがわかり難くて、ちょっと遠回りしています。
「ソーリー」を繰り返していたものの料金はしっかり60ぺソ(180円弱)。
しかたないんです。初乗り運賃が58ペソですからね。

日本でタクシーに乗れば、ワンメーターでもこれ以上しますから、
これはれで良しとしてあげるのが、日本人観光客でしょう。


さらに、カイザノ・マーケットからタクシーに乗って、
パシフィック セブ リゾートへ移動します。

乗り込む前は350ペソとのはずだったのに、
乗ったら400ペソだと言い出しました。

「コリャー! なめとんのか!!」と怒る人もいるでしょう。
「話が違う」と重いキャリーバックを降ろす人もいるでしょう。
ネットで調べるとそういう方が多いようです。

で、私は「う~ん、・・・いいよ」と答えました。

さっき、「おっ、タクシーかっ」とタクシーを拾って行き先をつげた奴が、
助手席に手を突っ込んでいたので、
バックマージンを50ペソ要求したんでしょうね。。

その50ペソが私の料金に乗せられてきた・・・

で、私の返事は「いいよ」なんです。

他の方の旅行記の中に、ガンとして譲らずはじめの金額で行きましたが、、
車中はいやな雰囲気で満ちていました・・・ なんてのがありました。

しかし私の「いいよ」には条件があります。
普通の人のようにホテルに直行するのではなくて、
途中で地元の人の行く安いスーパーに寄ること。

これから行くホテルが田舎の不便な地にあるため、
サンミゲル7本と、2000mlのミネラルウォーターを2本買い込みました。
ついでに、カートを押したりカゴを持たせているドライバーにも、
60ペソのジュースを買ってあげました。

おかげで車中はフレンドリーです。
話しかけられる大半は、意味がわかりませんでしたが。。。


結果を考えます。

人よりも多く払ったもの
上乗せを支払わされた50ペソ プラス ジュースの60ペソ
怒って値上げをせずに乗った人より110ペソの損

私の得をしたもの
サンミゲルはホテルで100ペソ以上しますから
28ペソで買ったので1本あたり72ペソの儲け
それが滞在中の7本だから504ペソの得。
しかもミネラルウォーターも2本買っていますね。
ざっくりで1300円程度得をした計算になります。

相手を怒らせずに、反対にうまく使うのがフィリピンスタイルですね。


追伸
後日、メータタクシーを使えばセブシティからこの辺まで、
300ペソで来れることを知りました。

なかなか奥が深いゾ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

もみじ企画

Author:もみじ企画
昭和30年生まれ。無事に定年を迎えました。
これからは第二の人生を・・・ 80歳まで生きたとしてもアト20年!
第4クォーターに入り、大切な時間を有意義に過ごしたいと思います。
ブログ歴は2005年3月より



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。