旅行と食事を楽しむ年頃になりました
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

比叡山



5月16日に比叡山に上がりました。

とは云っても、東塔、西塔、横川とある中の東塔だけです。

巡拝料700円を払ったのですから、
本当は全部行かないと勿体無いンですけれどもね。

坂本からケーブルカーで上がります。
往復1080円。
片道料金もありましたので、帰りに歩いて降りるヤツなんか居るんかよ!
と思っていたら、京都側にもロープウェイがあったんですね。

IMG_0929.jpg

この日のケーブルカーは、00分と30分発の30分おき。
日本一長いケーブルカーだそうですよ。

東塔をブラつきます。
散策なんて上品さはないんです。
見学という感覚も、中学生の修学旅行の時にはすでに失われていました。

FullSizeRender_4.jpg

この文殊楼という建物、中の階段がほぼ直角です。
登るときに怖い思いをしますが・・・ 降りるときには死ぬ思いをします。
まえに登っている人がスカートだったら、
相手によっては天国な思いかもしれませんが。

FullSizeRender_20.jpg

途中で鐘を撞くことができました。
一回50円を賽銭箱に入れます。
さきほどスカート云々と言っていた、私の煩悩が洗われます。

FullSizeRender_3.jpg
大日如来の大講堂

でも、他の賽銭箱には入れません。
写真を撮るだけです。

無題

なんじゃこれは・・・ と駆け寄ります。
お寺よりこちらに興味がわいてしまう、いつまでも童心を忘れない私です。

電話の供養塔でしょうか。
友達は携帯電波の基地局だと申しております。

比叡山1
阿弥陀堂

こちらも拝むより、水琴窟の音のほうが気になります。

比叡山

そして東塔です。
本当は法華総持院東塔という長ったらしい名前の、有難い塔です。

歩き疲れ、今日の修行が終りましたので下山します。



スポンサーサイト
比叡山延暦寺ご用達 鶴喜そば



5月16日、比叡山に登る前の腹ごしらえに、
『名代手打 本家 鶴喜そば』で昼食をとりました。

鶴喜10


比叡山に行ってアトから知ったのですが、
この鶴喜そばと比叡山は仲良しの関係のようです。


鶴喜11

天ざる蕎麦(1320円)です。

私的には少し量が少なかったので、
仲間の蕎麦をかき集めて横取りし、蕎麦だけは2人前食べました。

私の没収を許すくらいですので、
女性なら十分な量なのかも知れません。

鶴喜13

天ぷらの下のほうにある黒いのは海苔の天ぷら。
サクッというより、ちょっと硬かったです。

満腹になったら、中庭など眺めて情緒に浸ります。
食べる前は、メニューしか目に入りませんでしたからね。

鶴喜14


この辺では有名店のようです。

店構えはこちらより落ちますが、
近所にあった『坂本名物 日吉そば』も気になる存在でした。




石山温泉 松乃荘
当日ではない話には、日付を入れておきましょう。
5月15日に宿泊した『松乃荘』です。

夕方5時頃に石山寺駅に到着しました。
ここが終点ですね。
一つしかないホームに電車が並びました。

松乃荘1

やけに狭い歩道を歩いていくと、
3分ほどで『松乃荘』に到着です。


松乃荘2


仲居さんが田舎のおばちゃんって感じですが、
いろいろと親切にやってくれます。

一泊2食付で11,500円の基本コースですから、
あまり料理には期待していなかったのですが・・・

松乃荘3

じゃじゃ~ん 出てきました。
この隙間になにが出てくるか楽しみです。

でわ、ラインナップのご紹介

松乃荘4

松乃荘5

松乃荘7

ここまでは、すでに並んでいますね。

松乃荘8

松乃荘9

松乃荘10

松乃荘12

松乃荘11

当然ながら お酒ももらっちゃおうかなぁ・・・
てなことになりまして、
地元では人気だという日本酒を頂きます。

松乃荘6

いゃぁ~
旅館で飲むお酒ってのも、うまいですねぇ。

ん?  今日は5月15日
ビンの左下に見えている日付は4月・・・
こうして写真を見なけりゃ気がつかない!

きっと製造月日なのでしょう。
酒飲みは細かいことを気にしてはイケマセンよ~
と、夜が更けていくのでした。



そして翌日の朝食

松

ちょっとショボイ気もしましたが、
友達曰く、飲んだ翌朝はこのくらいでちょうど良い。

全員がおかわりを3杯していました。




平安神宮と蕎麦屋 京おかざき



平安神宮の参道は、いま工事中のようです。

先日、買ったばかりのビデオカメラで試し撮りをしたら、
平安神宮の門前では工事のトラックの音ばかり。
平安神宮の敷地内では、
中国人観光客により中国語ばかりが録音されていました。

昼食のため、すぐ近くにある人気の蕎麦屋さん『京おかざき』へ。

隣も行列のできる蕎麦屋さんで、この日も大勢並んではります。
京都在住の友人が言うには、行列はあちら、
味は『京おかざき』なのだそうで・・・・・ それに従うしかありません。
でも大差ないそうなので、空いているほうに入るとよいですね。

修学旅行の学生も見かけます。
タクシーの運転手さんに連れられて来たのでしょうか。

無題

「創業が昭和15年だったら、そんなに古くないんとちゃぁう」
との突っ込みは、私達の年齢だからいえる突っ込み。

このお店の一番人気だという にしん蕎麦 (1100円)にしました。

無題

写真の写りがよくないので分かりづらいですが、
蕎麦の下には大きな にしんがありましたよ。


R&Bホテル京都駅八条口



仕事半分、遊び半分で京都に行ってきました。

夜に飲み歩くことは確実なので、宿泊費にはあまり予算を掛けたくなく、
泊まったホテルは京都駅の目の前にある 『R&Bホテル京都駅八条口』 です。

午後7時にチェックインとお願いしておきながら、
酔っ払ってたどり着いたときには、11時を過ぎていました。
もちろん、遅くなると言う連絡は入れましたけれどもね・・・・・ 大人だから

酔っ払っていますから、シャワーを浴びるのがやっとで、
肝心な部屋の写真は撮り忘れました。

シングルでの宿泊でしたが、部屋は広からず狭からず、
宿泊代が6000円台のビジネスホテルだからと考えれば、十分に用を足しています。

部屋でも Wi-Fi が繋がるのは嬉しいですね。
部屋にログインに必要なパスワードが表示されているので、
いちいちホテルの人に聞かなくても使用できます。
部屋に書かれているくらいだから、部屋でスムースに繋がりました。

さすがは京都は観光都市だと感心しちゃいます。
オリンピックが開催されるのですから、東京も頑張って小さなホテルでも、
Wi-Fi くらいは宜しくお願いしたいものですね。


朝食も付いています。
4種類のパンと、3種類のスープ、ゆで卵、
それに2種類のジュースとコーヒーなどのドリンク類。
品数は少ないですが、取り放題の食べ放題、空いていれば居放題。

IMG_0927.jpg

チェックアウトをした後も、なかなかロビーに降りてこない連れを待ちながら、
コーヒーを2杯も飲んでしまいました。






プロフィール

もみじ企画

Author:もみじ企画
昭和30年生まれ。無事に定年を迎えました。
これからは第二の人生を・・・ 80歳まで生きたとしてもアト20年!
第4クォーターに入り、大切な時間を有意義に過ごしたいと思います。
ブログ歴は2005年3月より



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。